特許、意匠、商標のことならお任せ下さい。

品種登録出願(種苗法)のご案内

 

品種登録制度の概要

品種登録制度は、新品種を育成(開発)した人に独占的な権利を付与し、その新品種を保護することによって、新品種の育成を振興するための制度です。

目次

品種登録出願、審査、登録要件

1.品種登録出願

  • 出願人
    新品種を育成した人(育成者
    育成者から権利を譲り受けた人(承継人
  • 出願先
    農林水産大臣
  • 必要書類
    願書、説明書など

2.審査

農林水産省生産局種苗課の審査官が、品種登録の要件を満たすか否かを審査し、要件を満たすと判断されると品種登録される。
審査にあたり、原則として独立行政法人種苗管理センターにおいて、出願された植物の品種を栽培(栽培試験)し、品種登録の要件を満たすかどうかを、既に知られた品種と比較するなどして検定します。

3.品種登録の要件

  • 区別性
    既に知られた品種と特性(形状や品質など)により明確に区別できること
  • 均一性
    同一世代で特性が十分に類似していること
    (まいた種子から全て同じものができること)
  • 安定性
    繁殖後も特性の全部が変化しないこと
    (何世代増殖を繰り返しても同じものができる)
  • 未譲渡性
    出願日から1年遡った日より前に出願品種の種苗や収穫物を譲渡していないこと
    外国での譲渡は、日本での出願日から4年(木本の植物は6年)遡った日
  • 名称の適切性
    品種の名称が既存の品種や登録商標などと紛らわしいものでないこと

 

品種登録制度の保護対象

1.保護対象

植物の品種

品種登録制度の対象は植物の品種であり、全ての植物が対象になります。

  1. 種子植物
  2. しだ類
  3. せんたい類(こけ類)
  4. 多細胞の藻類
  5. 政令で指定されたきのこ(現在32種類)

ただし、微生物は種苗法の保護対象ではありません。

2.品種の定義

種苗法上の「品種」とは、「特性」によって他の植物体の集合と区別することができ、特性の全部を保ったまま繁殖することのできる植物体の集合をいう。
ここで、「特性」とは花の色が赤いとか、白いということ、果実が大きいとか、小さいということ、その他、形、表面の色、断面の色、糖度、花や果実の数などをいう。

以上

 

特許、意匠、商標のことなら、なんなりとお気軽にお問い合せ下さい。 TEL 077-533-3689(石山)077-547-3453(瀬田) 業務時間:9:00~18:00(石山・瀬田の両事務所共通)

PAGETOP
Copyright © くすもと国際特許商標事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.