特許、意匠、商標のことならお任せ下さい。

特許に関するQ&A その1

特許に関するQ&A集になります。

Q01:発明とは何ですか?
A01:簡単に言えば、新しく考え出した技術のアイデアです。特許されるためには、アイデア(発明)が自然法則を利用していることが求められます。自然法則を利用するとは、例えば地球上で水が高いところから低いところへ流れるという自然現象そのものではなく、この自然現象を利用して水車を動かすなど、同じように反復して起こり得る自然現象を利用することです。
Q02:発明しただけで特許されますか?
A02:発明しただけでは特許されません。特許されるには、まず特許庁に「こんな発明をしたので特許して欲しい」という申請をしなければなりません。この申請のことを「特許出願」といいます。
Q03:特許出願さえすれば特許されますか?
A03:特許出願された全ての発明が特許されるわけではありません。特許出願されたもののうち、審査を受けて審査を通過してから、特許の登録料(「特許料」といいます。)が特許庁に支払われた発明だけが特許されます。特許出願などの手続は大変複雑であるので、知識と経験の豊富な弁理士に依頼することをお勧めします。
Q04:偶然、自分と友人が全く同じ発明をして、それぞれ別に特許出願したら、両方とも特許されますか?
A04:全く同じ発明については、1つしか特許されません。先に友人がした特許出願で特許されたら、そのことが理由となり、後で自分がした特許出願では特許されません。このような考え方を「先願主義」といいます。簡単にいうと、早い者勝ちということです。
Q05:どのような発明だったら審査を通過するのでしょうか?
A05:例えば、従来から知られている物自体や、この物に対して簡単に思いつくような工夫を加えただけのものは、審査を通過できず特許されません。一例として、市販されている扇風機をただ小さくしただけの物は、審査を通過できず特許されません。しかし、仮に、世の中で筆記用具としてエンピツしか知られていなかったという架空の場合に、初めてシャープペンシルを考え出したら、審査を通過してシャープペンシルが特許される可能性が高いです。
Q06:特許されるメリットは何ですか?
A06:特許された発明(「特許発明」といいます。)について特許権という権利をもらい、特許権を持っている者(「特許権者」といいます。)が特許発明を独り占めできます。特許権者だけが、特許発明の発明品を作ったり売ったりすることができ、また、作ったり売ったりすることを他人に許可することができます。
Q07:特許権は、ずっと持っていることができますか?
A07:特許権は、特許料を特許庁に支払い続けていても、原則、特許出願した日から最大20年で消滅してしまいます。例外的に、医薬、農薬、又はiPS細胞などの限られた分野の発明であれば、特許出願した日から最大25年まで特許権の存続期間を延長させることができる場合があります。
Q08:1つの発明について特許されたら、その特許発明に似た他の発明も同時に特許されたことになりますか?
A08: 
 他の発明についても特許されるためには、他の発明についても別途、特許出願して審査を通過し特許料を支払う必要があります。他の発明について自分よりも先に他人が特許権を取ってしまった場合には、その他人の許可なしに他人の特許発明を自分が勝手に作ったり売ったりしていると、特許権を侵害していると裁判に訴えられて、高額の賠償金を支払うように命じられてしまうおそれがあります。
Q09:新種の植物を発見したら、発見した植物は特許されますか?
A09:特許される発明の条件の1つに、創作したものであることが求められています。創作というのは、従来は世の中に存在していなかったものを、工夫して新たに考え出すことです。新種の植物そのものは、誰にも知られていなかったけれど従来から世の中に存在していたものであるから、創作したものでないため特許されません。ただし、新種の植物を利用して、従来は世の中に存在していなかった有用な技術のアイデアを創作したのであれば、特許される可能性があります。
Q10:機械設計の仕事をしています。発明したつもりはないのですが、機械設計の工夫は特許されますか?
A10:その工夫が従来は世の中になくて何か有用な効果を発揮するのであれば、特許される可能性があります。工夫を考え出した技術者本人は当たり前だと感じていても、その工夫のアイデアを特許出願すれば特許される可能性はあるため、自分の常識を疑ってみることが大事です。
Q11:雑誌に「世界特許取得」と書いてあったのですが、世界特許とは何ですか?
A11:世界特許という制度は存在せず、世界で通用するような1つの特許権は存在していません。特許権は、国ごとに与えられる権利です。例えば、日本で特許出願して特許権を取っても、それだけでは外国で特許権を取ったことになりません。外国でも特許権を取るためには、特許権が欲しい国ごとに特許出願し審査を通過して特許料を支払う必要があります。もしかすると、雑誌に書いてあった「世界特許」とは、世界中の多数の国で特許権を取得できたことを指して、その雑誌の編集者が勝手に作った造語なのかもしれません。世界中の多数の国で特許権を取りたい場合には国際出願をすると便利ですが、国際出願をした後に、特許権を欲しい国ごとに国際出願を移行させ審査を通過し特許料を支払う必要があります。
Q12:新しい形状の物を考えたのですが特許されますか?
A12:新しく考え出した形状を使った有用な技術のアイデアであれば、特許される可能性があります。その形状を物のデザインとして意匠登録出願すれば、意匠権を取得できる可能性もあります。
Q13:お菓子の名称を新たに考えたのですが、特許されますか?
A13:名称そのものは、自然法則を利用していないから特許されません。ただし、お菓子についてその名称を商標登録出願して商標権を取得できたら、他人が勝手にその名称をお菓子に付けて売ることができないようにすることができます。
Q14:自由に空を飛ぶのが夢ですが、飛行機でもヘリコプターでもなく、空を飛ぶ機械を発明したら、間違いなく特許されますね?
A14:確かに、それは大変な発明です。ただし、頭の中では完成していても、実際には実現できる見込みが全くない技術のアイデアであれば、特許されません。
Q15:母が、空になった牛乳パックを開いて、まな板の代わりに使っています。魚の臭いが付いても捨てれば良いから便利とのことです。このアイデアについて、仮に他人が特許権を取っていたら、勝手にまねをしたらいけないですか?
A15:他人が既に特許権を取っている技術のアイデアでも、家庭生活を便利に楽しくするために個人的にまねすることは、許されています。ただし、例えば特許権者の許可なく、各家庭から牛乳パックを回収し加工し、まな板として売ってお金を儲けた場合には、他人の特許権を侵害している等の問題が生じるおそれがあります。
Q16:年間に、どのぐらいの特許出願がされていますか?
A16:世界知的所有権機関(WIPO)から発表された2017年の世界全体での特許出願件数は、約317万件となっています。国別では、中国が約138万件(前年比14.2%増)で1位、次いで2位アメリカ約60.7万件(同0.2%増)、3位日本約31.8万件(同0.03%増)、4位韓国約20.5万件(同1.9%減)、5位欧州特許庁(EPO)約16.7万件(同4.5%増)でした。
PAGETOP
Copyright © くすもと国際特許商標事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.